コソ化合物

13a.gif

1961年2月13日、アメリカのカリフォルニア州オランチャにあるコソ山脈で鉱石収集家によって発見された謎の化合物。晶洞石(空洞になった内部に結晶がついている石)の中から出てきたという。

化石化した木と思われる六角形の筒の中には、直径19mmの固いセラミック製の本体に金属製のシャフト、そして直径2mmの軸が付属おり、自動車用の点火プラグによく似ているという。

X線による検査で、この化合物の内部のを見ると、小型の機械部品や一種の電気装置としか考えられない構造をもっており、人の手によって作られたことは間違いないとの判定が出た。また、化合物に付着していた貝の化石から、この化合物は50万年以上も前の物であるという驚きの結果も出た。

50万年前にこのような化合物を作れたというのだろうか?それとも、古代に地球を訪れていたといわれる宇宙人が捨てていったものなのだろうか?

現在、コソ化合物は行方不明になっているため、写真でしか見ることができないのが残念である…

【つづき】

実は、コソ化合物は、一度として専門家のちゃんとした鑑定を受けていない。

50万年前というのも、発見者の1人が「匿名の地質学者からそう言われた」と語っているだけの話である。さらにコソ化合物が発見された石は晶洞石だということだが、晶洞石の特徴とされるものがまったく見られないとのことで、結果から言って、単に泥の固まったものだったらしいのだ。さらに、複数の点火プラグの専門家は、1920年代にアメリカで製造されたチャンピオン社製の点火プラグそのものと鑑定している。

真相は、1920年製の点火プラグが、何かの拍子に、山の乾湖の泥の中へと落ちてしまい、そのまま固まってしまっただけのようだ…
この記事へのコメント

明るい未来を信じよう♪
暗い日常は自ら切り開くモンだぜ?
http://k0-umu4.plistfa.info/
Posted by ちょっとした暇でもヤれる♪ at 2011年03月21日 15:03

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://x5r53bj.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年08月02日 16:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。