アカンバロの恐竜土偶

09a.jpg

1945年7月、ドイツ人実業家ワルデマール・ユルスルートによって、メキシコシティの西北180kmのアカンバロ郊外のブル・マウンテンで恐竜の姿をかたどったと思われる土偶が大量に発掘された。この土偶の発掘数はその後3万点以上に上り、モチーフはティラノサウルス、プレシオサウルス、ステゴサウルス、プテラノドンなどの恐竜、翼竜が一番多く、そのほか猿人やゾウ、ウマ、サル、アルマジロなどの古代種や絶滅動物から、武器、楽器といったものまで多岐にわたる。

1968年、アメリカの年代測定専門会社アイソトープが、3つの土偶を炭素14法という年代測定にかけて調べたところ、それぞれ、紀元前1110年、紀元前4530年、紀元前1640年という驚くべき測定結果が出てしまった。さらに、翌年ペンシルバニア大学が行なった熱ルミネッセンス法による年代測定でも、紀元前2500年という古い測定値が得られている。

約6500万年前に絶滅したと言われる恐竜たちの姿を、古代のアカンバロ人はどのようにして知ったのだろうか?

そこで様々な仮説が立てられ、有力視されている説が人間が恐竜の姿を見て作ったとする説と化石を見て作ったとする説である。しかし、この恐竜土偶は化石を見ただけでは決して作れない事がわかっている。もしかして絶滅したとされている恐竜は4500年前にも生き残っていたのか?

【つづき】

発掘当時、現地調査を行なった考古学者チャールズ・ディ・ペソが論文を残している。 彼は、当然付着しているはずの土中塩分が土偶の表面に見られない事や、出土部分の土に明白な埋め戻しの跡がある事を指摘した上で、発見された土偶が、最近になってから誰かが埋めた偽造物であると断定。

しかし、科学的な年代測定では紀元前の遺物と鑑定されているのだが…

実は、測定方法自体に問題がある。

炭素14法を用いた年代測定では土偶そのものの破片を測定にかけているのだが、実は土偶そのものを測定しても何の意味もない。炭素14法では、その土に含まれていた有機物の年代を測定しているだけなのである。「古い土」を一生懸命測定して古い時代の測定値を出しても、それは土偶の製造年代とは何の関係もない。

熱ルミネッセンス法は、無機物の熱エネルギー量を計測してそのサンプルが過熱された年代を測定するという方法なので、土偶自体を測定しても問題はない。だが、この測定法は、多くのサンプルと充分な準備期間が必要で、自然攪乱、二次堆積などの発掘個所の環境にも測定値は大きく左右されてしまう。ところが、アカンバロの土偶に対して行なわれた測定では、それが正当な物である事を示す根拠がはっきりと提示されていない。つまり、その測定結果には「大きな疑問」があると言って良いわけだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

恐竜の皮膚の化石を発見(福井県勝山市)
Excerpt:  勝山市で中生代白亜紀前期(1億2000万年前)の恐竜の皮膚の化石が発見された。  草食恐竜が横たわった際に地面についた跡と思われるという。[NHK・共同通信・中日新聞]
Weblog: ☆★☆☆☆ 古今チップス ☆☆☆★☆       〜古今東西歴史遺跡化石ニュース〜
Tracked: 2007-04-28 13:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。