エジプトのグライダー模型

08a.gif

カイロ博物館が所蔵する、紀元前2世紀頃の墳墓から発見された木製の飛行機模型。イチジクの木で作られたこの模型は、両翼18cm、全長14cm、重量は39.12gで、機首から機尾まで完全な航空力学に基づいて作られている。

1898年、ギザから約40kmほど南のサッカラ郊外の墳墓の発掘で発見された。発見当初は鳥をかたどった物と考えられていたが、1969年にカリル・メシハ博士が飛行機の模型説を打ち出した。実際に、復元模型を作って飛行実験をしたところ見事に空中に舞い上がったという。アメリカのライト兄弟による人類史上初の飛行よりもはるか前に飛んでいたというのか?

【つづき】

実は小鳥のおもちゃ。前から見ればちゃんと目とくちばしが書かれている。

08b.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。