ピリ・レイスの地図

04a.jpg

1929年、トルコのイスタンブールにあるトプカピ宮殿で発見された地図。羊の皮に高度な技法で描かれており、右半分を消失してはいたが、その地図に描かれているものは製作された時期では未発見だった大陸が正確に描かれていた。

トルコ海軍提督ピリ・イブン・ハジ・メメドが1513年に記したとされる通称 『ピリ・レイス(レイスは提督の意)の地図』には、当時はまだ発見されていなかった南極大陸や氷河に埋もれた海岸線が正確に描かれている。南極が発見されたのは1818年であり、製作時期を考えてもつじつまが合わない。また、南極の地形が完全に地図化されるのは、1920年のイギリスとスペインの合同調査によってである。にもかかわらずその海岸線は偶然の一致では、まったく説明不可能なほど正確に書かれている。そればかりか、この地図は現在の航空地図を作る際に用いられる「球面三角形」の技法が用いられており地球全体の形が、エジプトのカイロ上空から地球を見下ろした形とぴたりと一致している。これは、地図の製作者が地球が丸いことを知っていたとともに空から地表を見る事ができたという事になる。

1513年当時に、この地図が描かれたというだけでも実に不思議であるがこの地図の左端の地図解説文のところには「紀元前4世紀のアレクサンダー大王時代から伝わる20数枚の古地図を参考にして描かれたものだ」という注釈がついているのである…。

【つづき】

ピリ・レイスの地図で南極大陸とされている部分の右の方には蛇の絵が、真ん中の方には四本足で立っている正体不明の動物と牛に似た動物が描かれている。それぞれの絵の下には、そういう動物がその土地で見られたらしいというピリ・レイス自身の注釈文が書き込まれている。 また『この土地はとても暑いといわれている』という注釈もある。

また、この地図は人工衛星から撮った地上の写真と比較しても、驚くほど「正確」に描かれているという。だが「正確さ」という点でいえば、かなりの問題がある。一例をあげれば、南アメリカの東海岸にはアマゾン川が二本ある事になっているし、海岸線が1400km以上にもわたって抜け落ちている。しかも、南アメリカと南極といわれている大陸は完全に繋がって陸続きになってしまっている。

では、この大陸は一体何なのか?

中米と南米の東海岸線のスケールが誤った知識のために大きく広がってしまい、途中で曲がってしまっただけといわれている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。