コスタリカの巨大石球

02a.jpg

1930年初頭に中米の小国コスタリカの太平洋沿岸部、ディギス川のデルタ地帯を覆う熱帯雨林のジャングルで200個以上発見された人造大石球。これらは、紀元前300年〜西暦700年頃のものであるとされている。

石球の大きさは直径2〜3cmの物から最大で2.6m、重さ25トンの物まで千差万別である。そしてこれらの石球がオーパーツとして扱われている最大の特徴は、石球が限りなく真球に近いという点にある。直径の誤差は、最大でもわずか0.2%。しかも、直径2006.6ミリで1/100レベルで誤差の全くない2つの球体も発見されている。実はこの大きさの石を真球に作り上げる作業は、現代の技術を用いても困難であり、さらに高度な幾何学的知識が必要となる。そのため、未知なる超古代文明の存在を暗示するものと考えられていた。

この石球は、一部の石灰岩製を除きほとんどが花崗岩でできている。しかし、不思議な事に発見された地域には花崗岩は存在しておらず、数十キロ離れた内陸の山岳地帯から運んだとしてもその痕跡はないどころか、石切り場の跡さえ見つかってない。どこから持ってきてどのように運んだのか、そして何よりもなんのために作られたのかすべてが不明である。一説では、発見当時 石球は大小ばらばらに配置されており それは天体図を表していたのではないかとも言われているが、今となっては謎のままである。

発見当初、アメリカの学者が調査した以外には、本格的な専門研究に着手されたのはそれから数年経ってからである。その間この球体の中に黄金の財宝が入っているという噂が広がり多数が破壊されてしまった。

【つづき】

専門の職人が数十年かければ製作可能とされる。ただし、現代の腕の立つ職人でも20cmの石球が限界ともいわれる。
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 履歴書の書き方 at 2014年01月02日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 花崗岩花崗岩(かこうがん、granite)とは、火成岩の一種。地下深部の高温下で形成された深成岩のうち下記2条件を満たすものを指す。主成分が石英と長石で、他に10%程度の有色鉱物(黒雲母等)を含み全体..
Weblog: パワーストーンと鉱物
Tracked: 2007-07-30 09:04


Excerpt: 石灰岩石灰岩(せっかいがん)は、炭酸カルシウムを主成分とする堆積岩。炭酸カルシウムの比率が高い場合は白色を呈するが、不純物により着色し灰色や茶色や黒色の石灰岩もある。の石垣).wikilis{font..
Weblog: パワーストーンと鉱物
Tracked: 2007-07-30 19:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。